久世七曜会

七曜会が誕生したのは、折しも日本映画の黄金時代である
1954年。
マキノ雅弘監督『次郎長三国志シリーズ』の撮影に
携わっていた久世竜他7〜8名により1954年に結成された。
東宝では、黒澤明監督、稲垣浩監督、岡本喜八監督などの
撮る時代劇で、その実力を発揮していく。
会の設立当時、黒澤明監督の『七人の侍』の撮影に入っていた
ため、その名前にあやかり七≠フ一文字をいただき、
名称をつける。
七日間=一週間、「月曜日は刀、火曜日は槍、水曜日は
六尺棒・・・」と毎日違う武器の勉強をしようという意味
である。
初代<久世竜>は、リアリズムを重視した上でのダイナミックな立ち回りで人々を驚かせ、黒澤監督と
組んで様々な剣法を世に送り出し、殺陣師という存在を世間に広く知らしめた人物である。
主な作品として『七人の侍』『隠し砦の三悪人』『用心棒』『椿三十郎』『赤ひげ』など。
また、黒澤作品で主役をつとめていた三船敏郎氏とも親交があつく、三船プロに移り「三船プロ七曜会」
となる。
『乱』の撮影中、久世竜が病気により逝去したため、二代目<久世浩>が後を引き継ぐ。
その後、1985年に独立して、有限会社久世七曜会となり現在の形となった。
『乱』『雨あがる』などの黒澤監督・小泉監督作品を経て、最近では、山田洋次監督の時代劇三部作
『たそがれ清兵衛』『隠し剣鬼の爪』『武士の一分』が記憶に新しい。
現在は、映画・テレビを問わず多くの作品を手がけている。